全国の生活保護


鳥取県米子市の生活保護


生活保護とは、自己の能力や資産を活用し、あらゆる手をつくしてもなお生活ができない場合に、生存権の保障を定めた日本国憲法第25条の理念に基づき、国民の最低限度の生活を保障するために設けられた制度をいいます。

主要項目


鳥取県米子市の概要

米子市は、鳥取県の西部にある人口およそ15万人の都市です。市の南東に大山、北に日本海、西に中海を擁し、地形的にも平坦で、自然豊かな環境のもとで生活ができるのが魅力です。JR山陰本線・境線・伯備線、米子鬼太郎空港、米子自動車道、山陰自動車道など交通インフラが充実し、交通の要衝となっています。上淀廃寺跡、皆生温泉、妻木晩田遺跡、米子城跡などの観光名所もあります。


鳥取県米子市の生活保護の手続

鳥取県米子市で生活保護を受けたい場合には、米子市福祉事務所窓口で申請手続をすることが必要です。 申請後、ケースワーカーが生活保護法に基づく調査をした上で、おおむね2週間から1か月のうちに保護開始を決定します。 ただし、国の定める生活保護の基準に満たない場合には、生活保護が受けられない(申請が却下される)ことがあります。


米子市福祉事務所の地図

米子市福祉事務所
〒683-8686 鳥取県鳥取県米子市加茂町1丁目1
電話番号:0859-23-5151
※ 代表番号の場合はオペレーターに「生活保護担当」と告げてください。

鳥取県米子市の生活保護の支給金額

鳥取県米子市は「3級地-1」と定められています。 保護費は自治体ごとに定められた級地と、世帯の人数、家族それぞれの年齢などによって異なります


たとえば、鳥取県米子市48歳の単身世帯の場合、

などからなる基本的な日常生活費をまかなうための「生活扶助」と、
住居の家賃や間代、地代、補修費用などに充てるための「住宅扶助」
とをあわせた保護費の金額は、次の表のように計算します。


鳥取県米子市在住 48歳の単身世帯の生活保護費
区分1か月当たりの基準額
生活扶助基準額(第1類)年齢別:41~59歳 41,290円×逓減率1.00
基準額(第2類)世帯人員:1人 27,790円
特例加算1,000円
経過的加算0円
住宅扶助鳥取県3級地34,000円
104,080円

※ この支給金額の表は令和5年10月1日改正の生活保護の基準をもとにしています。

※ 単身世帯で床面積15平方メートル以下の場合や特別基準額が適用される場合には、住宅扶助の限度額が上記の表とは異なります。


これらに加えて、

などがあります。


よりくわしくは次のページを参照してください。

3級地-1の生活扶助基準額 令和5年10月1日から新しい生活保護の基準が適用されます。……基準には級地による金額の違いが設けられており、3級地-1の場合は次のとおりです。

※ 実際にもらえる金額はさまざまな例外によって上記の表よりもさらに複雑ですので、くわしくは福祉事務所にお問い合わせください。


生活保護と資産の活用について

生活保護は最低生活の保障であるため、実際に受給するに当たってはさまざまな制約があります。 たとえば、保有する現金や預貯金がある場合にはそれを活用すること、生命保険に加入しており解約返戻金が見込まれる場合にはそれを活用すること、土地・家屋・貴金属などの資産は原則として処分するなどして活用すること、自動車の保有は一定の条件を満たす場合を除いて原則として認められないこと、などが挙げられます。